お金を貸すことに対するポリシーを貫きたい

 私はお金にせこい奴だと思われるのが心外なので、貸して欲しいと頼まれればたいてい貸しています。その中には正直「こっちもキツイんだけどなあ」と思ってしまうときもあるのですが、それをつまらないプライドが邪魔して言い出せなかったりもします。

キャッシング審査の特徴や注意点とは | カードローンの審査に落ちない為にしてはいけない3つのこと

 お金のことであれこれともめるのはイヤなので極力こちらからは何も言わないようにしていますし、貸すということはそういう覚悟を持たなければいけません。そして、貸すなら1万円くらいまでと決めています。それ以上の額になるとどうやってもトラブルになる可能性が高く「返済がなくてもしかたがない」とはなかなか思えないです。ですので、これからもなるべくお金は貸していきたいですし、そのポリシーを貫きたいです。

このページの先頭へ